« 三灶(さんぞう) | トップページ | 三灶(さんぞう)のメリークリスマス »

2007年12月23日 (日)

珠海・和食屋で

昨夜は珠海市内、拱北(ごんべい)で食事しました。

珠海には多くの日系企業があり、商工会議所に登録されている日本人だけで約500人。

もちろん短期の出張者や駐在の人たちの家族は、その人数に入っていないので、実際は1500人以上の日本人が珠海にいるんじゃないかなと言われているが、誰もその人数はわからない。

おかげで珠海市内にはたくさんの和食の店があり、日本人にとっては有難く、毎日食べると言うわけにはいかないけれど、懐かしく、安心できる日本の味は、落ち着いた雰囲気と心安らぐ店員たち共に、多くの日本人が利用しているようだ。

そんな和食の店から、昨夜は拱北の粤海(イエハイ)東路にある、「大和」を選んだ。

私と同じく珠海で出稼ぎ生活をしている先輩方2人と私、おっさんだけの「プチ・クリスマス・パーティー」というわけだ。

混雑することが予想される週末なので、あらかじめ予約を入れておいた2階の座敷に上がると部屋はまったく日本の居酒屋。掘りごたつ式の座敷にあがり、今夜のメニューを選ぶひと時・・・・写真つきの大きなメニューには刺身から寿司、天ぷらなどの定番メニューはもちろん、青菜のおひたしやキンピラゴボウなど、普段の出稼ぎ生活ではお目にかかれないラインナップ。見ているだけで「目の保養」になるようで楽しい時間だ。

メニューの最後のページには鍋物が一通り揃っている。

「今夜は鍋でもしますか!」

すき焼き、寄せ鍋、石狩鍋・・・ちゃんこ鍋にじゃぶしゃぶ、カニ鍋とすっぽん鍋まである・・・

迷いに迷った結果、本日は寄せ鍋に決定。

2人前セットで150元(約2200円)3人で食べるには十分な量だ。

やがて登場した寄せ鍋は、私たちの座敷のテーブルにカセットコンロと共にセットされ、湯気を上げて、今、まさに食べごろ!という状況になった。

ふたを開けると盛りだくさんの具が鍋からあふれんばかりにその魅惑的な姿を現すと、食うぞ!と言う気分も最高潮。

海老に牡蠣、鯛のお頭にその白身。アサリもあるし、白い豆腐も美味そうだ。白菜、白ネギに春菊、シイタケ、エノキ・・・・・

ポン酢ともみじおろしでいただきまーす。

珠海も12月は寒いので、この季節はやっぱり鍋ですなぁ・・・

芋焼酎の酔いも手伝って、鍋をつついて身体も心も温まる、至福のひと時。

ほどよく酔っ払ったカボチャ頭でふと、自分が本当に中国にいるのか?

もしかしてココは日本じゃないの?と、勝手に想像をふくらませる。

この店の前にはパチンコ屋があって、駅前のコンビニで買い物して帰ろうか・・・などと勝手に自分が日本にいるような想像をして、その変な感覚で遊んでいるうちに満腹になったのでした。

そんな珠海の和食の店は、美味い食事と美味い酒、日本にいるような感覚も味わえる、出稼ぎ生活には欠かせない存在なのです。

地元の中華料理に比べて値段の高い和食。たまの贅沢に・・・と思いつつ、ついつい頻繁に通ってしまうことになるんですね、これが。

中華もいいけどやっぱり和食がええなぁ・・・・・

|

« 三灶(さんぞう) | トップページ | 三灶(さんぞう)のメリークリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/9541133

この記事へのトラックバック一覧です: 珠海・和食屋で:

« 三灶(さんぞう) | トップページ | 三灶(さんぞう)のメリークリスマス »