« 出稼ぎ男の休日 バンコクの自宅 | トップページ | 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その2 »

2008年1月 4日 (金)

出稼ぎ男の休日 ラオス編 その1

出稼ぎ男の休日、今回の目的はバンコクからラオス・ビエンチャンへの旅です。

私がタイと関わり始めたのは10年前、仕事で初めての海外出張先がタイ・バンコクでした。

それから何度もバンコク出張を繰り返したその会社を辞めて、また拾われて、なんとなくバンコクに住み始めたのが6年前、その頃からずっと気になっていた国が、ラオスでした。

ラオス・・・・・タイ、カンボジア、ベトナムと中国とミャンマーに囲まれたアジアの小国。日本の本州と同じくらいの国土しかない国ですが、そこにはアジアの緩やかな風が吹き渡り、まったりとした時間を過ごせる魅力があります。

タイとは雄大なメコン河を境に国境となっており、いつの日か、そのメコン河のほとりで夕日を眺めることが私の夢でした。

バンコクからラオスへの道はいくつかの国境が開かれています。有名なのはタイのノーンカーイから友好橋を渡ってビエンチャンに入るルートです。

私もそのルートでビエンチャンに入りたかったのですが、今回は時間を節約して贅沢にバンコクからビエンチャンまで直接空路で乗り込んだのでした。

タイ国際航空で約1時間。夜8時過ぎに降り立ったラオス・ワッタイ国際空港は、日本の援助で建てられた2階建ての小さな空港でした。

昨年から、日本人は観光目的の滞在に限り、ビザの必要がなくなり、私はラオスの入国カードを記入して、あっさりとイミグレーションを通過したのでした。

空港の出口にあるタクシーカウンターで、予約してあった市内のホテルまで車を頼むと、タクシー料金の支払いは、US$かラオスの通貨(キープ)でしか出来ないとのこと。

私は色んなガイドブックなどの情報を集めた結果、ラオスではタイ・バーツも通用すると思い込んでいたので、少し慌てました。

タクシー・カウンターの女性は、そのような客に慣れているのか、落ち着いており、すぐ後ろにある両替所で両替しなさい、と言われました。

さて、ラオスのキープ、いくら両替したらよいものか、一瞬悩みましたが、タイの物価よりも安いだろうと判断して、2,000バーツ(約6,000円)を両替してみました。

すると、手にしたキープは589,000キープです。

ラオスの紙幣は50,000キープ紙幣があるようで、それほど大量の札束になったわけではありませんでしたが、思わず金持ちになったような、得した気分で、先ほどのタクシー・カウンターに向かいました。

市内までの料金は先払いで、59,000キープ。

その料金が高いのか安いのかよくわからないまま、車に乗り込み、オレンジ色の街灯がボツボツと燈る薄暗い道を市内に向けて走り始めました。

行き交う車はほとんどなく、まるで深夜の街道筋、といった寂しい雰囲気で、時折食堂や商店の明かりが車窓から垣間見えます。

タイに比べて静かで何もない町だという話を聞いていましたが、私の予想以上に何もない町のように感じられました。

今回のラオスの旅、私と同行したのは、私のタイ人の彼女、ダオです。

タイの東北部、イサーン地方出身のダオは、自分の地方の方言とよく似ているラオス語に自信をもっていました。

タイ語が少し話せる程度の私では、ラオスで言葉に困るから、私が通訳をしてあげるから問題ない、と自信たっぷりに話していました。

さっそく、自分のラオス語がどれくらい通じるのか実践したくなったようで、しきりに運転手に話しかけています。

「町までどれくらい時間がかかるんですか?」

タイ語の東北訛りの言葉で話しかけるダオ、その程度の「東北弁」なら私も理解できましたので、その後の会話を黙って聞いていました。

「この道が、△×※で、左の$%□だから、○※#∵♪#ですね」

私が聞き取れたのは、↑の通り、日本語で書いた部分だけでした。

「だめ!この人、何言ってるのか全然わからない!」

ダオも全く理解できないラオス語だったようです。

ちょっぴり自信をなくしたのか、その後、無口になるダオ、翌日からの旅生活がちょっぴり心配になった私でしたが、<まぁ、なんとかなるやろ> と、私の楽天的思考回路が作動して、これから始まるラオスの珍道中を思い巡らせて、車窓の景色を眺めていたのでした。

ほどなく、車は市内中心部の「ナンプ(噴水)広場」近くにあるホテルに到着しました。

Lao_hotel_1

(写真は翌日の朝、ホテルの中庭にて)

「サバイディー」(こんにちは ・・・・ 一日中この挨拶です)

やさしい笑顔のホテルの従業員に出迎えられながら、ラオス初日を無事に終えることが出来てホッとした私でした。

<初日と言っても、バンコクから移動しただけですけどね>

さて、明日は何処に出掛けようか・・・

明日の観光予定のために、これからダオと作戦会議です。

|

« 出稼ぎ男の休日 バンコクの自宅 | トップページ | 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/9710696

この記事へのトラックバック一覧です: 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その1:

« 出稼ぎ男の休日 バンコクの自宅 | トップページ | 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その2 »