« 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その4 | トップページ | 中国かた田舎・爆竹の話 »

2008年1月 6日 (日)

出稼ぎ男の休日 ラオス編 その5

出稼ぎ男のラオスの休日、もう一つの目的は、メコンに沈む夕日を眺めることでした。

思い起こせば7年前。

私がタイに住み始める前に、タイ国内をバスで旅しました。

その旅の途中、立ち寄った町がノーンカーイというメコン河の南、ラオスの対岸の町でした。

安ホテルに投宿したあと、日が暮れる前にメコンの川べりに出掛けました。

やがて日が暮れ始め、真っ赤な夕日がメコンの向こう側に沈んでいく様子を眺めならが、対岸のラオスという国に思いを馳せていたのでした。

いつかはラオスで同じ夕日を見てみたい。

その思いが今回のラオス行きの動機になったのでした。

ブッダ・パークを後にした私たちは、ビエンチャン市内の数少ない名所を巡り、日が暮れる前に、メコンの川べりに向かいました。

川べりの土手にはたくさんの屋台が軒を連ねています。

土手の上の屋台で料理を作り、客は川べりに張り出すように作られた座敷=京都の鴨川の川床、のような気持ちの良い野外の座敷で食事をする仕組みです。

Photo_9

なにわともあれ、ラオスのビール「ビア・ラオ」です。

Photo_10

写真のビール瓶は、ラベルが剥がれてしまってますね、本当はこんなラベルのついた瓶です。

ビエンチャンの町中どこにでも置いてあるビア・ラオ。これ以外の銘柄と言えば、カールスバーグかハイネケンを見かけましたが、せっかくなのでビア・ラオですね。

スッキリとしたノド越しで、苦味は弱め。

タイと同じく、屋台ではグラスに氷を入れて呑みます。

ビールに氷、という取り合わせも、私にはすっかり当たり前のことになっているので問題ありません。

タイでもお馴染みのガイ・ヤーン(焼き鳥)にソムタム(パパイヤのピリ辛サラダ)、をつまみにビールが旨いのなんの・・・・・

いやはや、本当に申し訳ないくらい、いい気分です。

他のテーブルには西洋人や日本人の姿も見えます。

河の水量が少ない季節なのか、広い川原が広がっていて、その周りで夕日を眺めたり撮影している人たちもいました。

河の流れも緩やかに、徐々に沈み行く夕日の色に染まっていきます。

Photo_11

やがて夕日は西の地平線に近づき、真っ赤に空を染めながら沈もうとしています。

この瞬間と出会うために、ここまで来たんだ、という満足感と、ビア・ラオの酔いも心地よく、まさに、夢心地の気分で、夕日を眺めていたのでした。

|

« 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その4 | トップページ | 中国かた田舎・爆竹の話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/9728933

この記事へのトラックバック一覧です: 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その5:

» スワンナプーム国際空港で飲む時はこれ!(プーニム・トーッ・クロップ) [たびnavi]
 トランジットもビア・シンとソフトシェルクラブで大満足! [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 09時40分

« 出稼ぎ男の休日 ラオス編 その4 | トップページ | 中国かた田舎・爆竹の話 »