« 中国の紙幣 | トップページ | 格安航空 AIR ASIA »

2008年1月14日 (月)

中国の出入国カードが変りました

昨年12月から中国の出入国カードが変わりました。

すでにご存知の方もおられるでしょうが、中国在住出稼ぎ男にとっては突然の変更でしたのでちょっと慌てました。

私は毎月バンコクの自宅に帰っているのですが、その際、中国珠海から陸路でマカオに入境し、マカオから格安航空「エア・アジア」でバンコクへ飛んで帰ります。

マカオは中国に返還されて8年が過ぎ、事実上中国なのですが、特別行政地区扱いなので、今現在も中国とは「別の国」という扱い、といってもいいでしょう。(香港も同じです)

そのため、中国珠海からマカオへ入る際、外国に入国するときと同じ手続きで、中国の出国カードを書いて、イミグレーションでパスポートの審査を受け、入国スタンプをもらってマカオへ入国できるというわけです。

ちなみに、日本人の場合、中国への入国はビザなしで14日間の滞在が認められています。(マカオと香港は3ヶ月滞在可能)

幸い、私は中国の就労ビザを持っていますので、その限りではありませんが、こちらで働く多くの人が、14日ごとに、マカオに抜けて、再び中国に入国しています。

その際に毎回記入しなければいけない出入国カード。

日帰りでマカオへ出て中国に戻るだけだとしても、

中国の出国カード、マカオの出入国カード(出入国複写式なので1回の記入でOK)そして中国の入国カード、これら3枚のカードを書いてイミグレーションに並んでいたのですが、昨年12月から突然、何の前触れもなく中国の出入国カードが変わりました。

Cimg0099

以前は、出国カードと入国カードが別々だったのですが、1枚のカードになり、右半分が入国用で、左側が出国用となりました。

入国のとき、点線部分で右側の入国のカードを破りとって記入して提出します。

切り取った出国カードは入国のときには必要ないので、中国から出国するときまで大事に保管しておいてください。

<上の写真が新しいカード、真ん中の写真が以前のもので、一番下がマカオのカード>

Cimg0100

中国珠海から、マカオへ陸路で入境するには「拱北口岸」(ごんべいこうあん)というイミグレーションを通り抜けます。

しかしこのイミグレーション、週末は越境する人民で大混雑なのです。

Cimg0107日本の朝の通勤電車の混雑よりもすごいかもしれない、阿鼻叫喚大行列なのです。

私がバンコクへ帰るのは、大抵、金曜日の夜です。

もっとも混雑する時間でもあります。

そのため、前もって手に入れておいた中国の出国カードとマカオの入国カードに必要事項を書いてから、イミグレーション大行列に挑んでいました。

ところが突然のカードの変更で、あらかじめ書いておいたカードは使えなくなり、新しいカードを入手しなければいけなくなったのです。

「たいした問題とちゃうがな・・・・」

と思われるでしょうが、知らずに行列に並んでいたら悲劇でした。

長い長い行列を辛抱して、ようやく自分の番になり、パスポートと出国カードを愛想の悪い中国イミグレーション係官に提出できた、と思った瞬間、

「このカードは使えないから、新しいカードに書き直してもう一度並びなおしなさい」

と無表情に言われたら泣くに泣けません。

幸い、私はカードが変更になった情報を知人から聞いており、新しいカードももらっていたので、昨年末のバンコク自宅への帰省の時は問題なく出国できたのでした。

Cimg0106

中国とマカオの出入国スタンプだらけの私のパスポート、有効期限よりも先にページが無くなってしまうでしょうねぇ・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 中国の紙幣 | トップページ | 格安航空 AIR ASIA »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/9872259

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の出入国カードが変りました:

« 中国の紙幣 | トップページ | 格安航空 AIR ASIA »