« マカオ市街の中国正月 | トップページ | 中国かた田舎 寒さの考察 »

2008年2月12日 (火)

珠海→香港国際空港直行フェリー

珠海と香港は高速フェリーで約1時間。

昨年、珠海と香港国際空港を結ぶ直行フェリーが開設されました。

今回の春節休暇を日本で過ごした私も、香港から大阪に帰るため、初めてこの直行便を利用してみました。

珠海から香港国際空港までのフェリーの旅、私の搭乗記をお伝えします・・・・

春節前の1月下旬。

私は中国正月前の混雑を予想して、当日のフェリーチケットを前もって買うことにしました。

珠海から香港国際空港までのフェリーは1日2便。

珠海発午前9時半と午後3時半です。

私は午前9時半のフェリーを利用するため、珠海九洲港のチケット売り場へと向かいました。

空港行き専用のチケット販売窓口があり、私は自分の中国語に自信が無いので、念のためメモ用紙に「2月1日 上午9時30分 香港机場」と書いて、その紙を窓口の女性に見せました。

窓口の女性は意外にも英語で対応してくれました。

考えてみれば「国際線」なので、英語で対応されるのも当然ですね。

窓口には中国語と英語に加えて、なんと日本語で「エアチケットを提示してください」

という張り紙が貼ってありました。

私は自分のEチケットのコピーを窓口から差し入れました。

窓口の女性は、私のチケットを確認しつつ、乗船名簿のようなものになにやら書き込んでいます。

やがて、その乗船名簿に私の名前と電話番号を書け、と言われ、言われるままに書き込むと、270元(約4,050円)請求されました。

通常、珠海から香港(中港城)までのフェリー料金が180元ですから、かなり割高です。

チケットと一緒に受け取った説明書によると、香港空港で空港税が120香港ドル返ってくるとのことでした。

フェリーが出航する1時間前にチェックインカウンターに来るように、と言われ、私はその場を後にしたのでした。

Cimg0132

そして当日。

朝8時半に九州港に着いた私はチェックインカウンターに向かい、難なく手続き完了。

機内に預ける荷物もその場で預かってくれるようですが、私は今回、手荷物だけでしたのでその必要はありませんでした。

やがて出港時間15分前になり、いつものように、九洲港のイミグレーションで中国の出国審査を受け、フェリーに乗り込みました。

中国正月休暇前にしては思ったほど混んでいません。

全体の6割の席が埋まっている、という状況です。

曇り空でしたが海は穏やかで、大して揺れることもなく順調にフェリーは香港へ向けて進み、私がウトウトと心地よい気分になった午前10時半前に、香港国際空港のフェリーターミナルに到着しました。

上陸後、今度は飛行機のボーディングチケットを受け取ることになるのです。

私の便は日本航空でしたので、JALのチケットカウンターに向かおうとしたのですが、このチケットカウンター前が大変な混雑でした。

私のように珠海から来る客以外に、マカオからの空港直行フェリーも客を満載して同じターミナルに到着しているため、荷物を抱えた家族連れや団体客が一斉に自分の乗る航空会社のチケットカウンターに殺到しているのでした。

幸い、JALのカウンターには誰も並んでいませんでしたが、一番奥にあったJALのカウンターまでたどり着くまでが阿鼻叫喚の人ごみで、ホトホト疲れました。

ヒマそうにしていたJALのカウンターの小姐に、私が自分のEチケットを差し出すと、少し驚いた顔をしながら私のチケットを受け取り、手続きを始めてくれました。

「お席は窓側?通路側?」

いきなり日本語で問いかけられて一瞬その意味がわからなかったのですが、私はいつもそうするように、通路側の席をお願いし、なんとかボーディングチケットを手に入れました。

やれやれ・・・と思ったら、

「空港使用税の還付があるので、あっちのカウンターに行け」

と今度は英語で言われ、言われるままにあっちの方を見ると、これまた行列です・・・・

空港税の引換券を握り締めて、私も行列に並び、10分ほどで私の番になり、何も言わずに引換券を差し出すと、係りのオバハンは黙って120香港ドルを差し出しました。

そのあと、手荷物検査があり(これも行列でしたが・・・)待合室に抜けると、そこから専用バスで空港内に連れて行かれる・・・という流れでした。

ボーディングチケットも受け取り、後は飛行機に乗るだけ、というわけで、香港のイミグレーションは関係なく、そのまま目的地まで飛んでいけるという意味ではとても便利な直行フェリーでしたが、フェリーと飛行機の乗り継ぎには十分余裕を持ってスケジュールを決めることをお勧めします。

ちなみに、日本からやって来る場合、まったく逆のコースをたどるわけです。

香港国際空港から珠海・九洲港直行フェリーは、午前11時15分と午後5時の2便。

空港内でフェリー乗り継ぎと書かれた案内に添って歩いていくと、チケットの売り場があります。

チケット売り場は英語が通じますので難しくないです。

チケットの購入は香港ドルでの支払いですが、チケット売り場のすぐ近くに両替所があるので大丈夫です。

スケジュールは08年2月現在のものですので、詳しくはウェブサイトで確認してください。

http://www.zhjzg.com/

中国語のウェブサイトですが、左側の「航班査洵」というところから「海路客伝」を選ぶと、出発地と行き先が選べます。

香港からマカオへの直行便も頻繁にありますので、試してみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« マカオ市街の中国正月 | トップページ | 中国かた田舎 寒さの考察 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/10168038

この記事へのトラックバック一覧です: 珠海→香港国際空港直行フェリー:

« マカオ市街の中国正月 | トップページ | 中国かた田舎 寒さの考察 »