« 中国の大地震 その後 | トップページ | 中国でタイのカレーを作ってみる »

2008年5月17日 (土)

タイ OISHI ぎょうざ

バンコクのセブンイレブンで見つけた小ネタ第3弾。

中国の地震が発生する前に書いていた記事なのですが、このままではオクラ入りするかもしれないと思い、いつもの小ネタでちょっと気分を変えてみます。

タイで有名なOISHI (オイシ)ブランドの餃子です。

OISHI はもちろん日本語の「おいしい」です。

タイにチェーン展開するラーメンと和食のレストランOISHI

ペットボトルの緑茶も有名ですが、最近はコーヒーもこのブランドで販売しています。

今回見つけたのはセブンイレブン限定販売の餃子です・・・

パッケージには日本語で「ぶたにくぎょうざ」と書かれています。 

チルド食Cimg0269品なので、冷蔵コーナーのソーセージの隣にありました。

右下にセブンイレブンのマークも入っていますね。

そのままレンジで温めて食べるタイプの餃子のようです。

早速食べてみましょう。

熱で袋がパンクしないように、端っこをビリリと破ってからレンジで2分。

焼き目がついていないので、温めると蒸し餃子のようになりました。

酢醤油の小袋とプラスチックの楊枝がついています。

Cimg0271意外と大きな餃子が5個入っています。

パクリと一口・・・・・

意外と粒の大きなひき肉の食感があります。

Cimg0272ちょっぴりコショウの味が強めですが悪くないです。

酢醤油の酢がキツイので、アツアツを一口で食べると酢でむせかえりそうになりましたw

ラー油があれば文句なし、というトコロでしょうかね。

月に一度、私の楽しみであるバンコクの自宅への帰省は、いつも深夜の帰宅になるので、便利なセブンイレブンでの強力なビールのツマミになりそうです。

ホントは夜中にこんなものを食べないほうがいいのですが、わかっちゃいるけどヤメラレナイのですねぇ・・

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 中国の大地震 その後 | トップページ | 中国でタイのカレーを作ってみる »

タイの話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/20915698

この記事へのトラックバック一覧です: タイ OISHI ぎょうざ:

« 中国の大地震 その後 | トップページ | 中国でタイのカレーを作ってみる »