« 黒い川 | トップページ | 中国の大地震 »

2008年5月13日 (火)

廃墟ビルに住む人たち

中国のかた田舎の風景。

建築途中で工事が止まり、そのまま放置されたビル。

バンコク都内にもありましたが、いつの間にか取り壊されるか、工事が再開していました。

ところが、中国では建築途中の建物に住んでいる人たちがいるのです。

昨日発生した四川省の大地震も被害の状況が徐々に見えてきていますが、この町の建物の耐震性って大丈夫なのでしょうか・・・・

Cimg0300 画像は私の住んでいるアパートの前にある建物。

ご覧の通り建物の2階部分と3階部分はコンクリートむき出しのままです。

建物の右側は3階部分が朽ち果てた状態で、コンクリートの柱が中途半端に立っており、中の鉄筋がむき出しになって錆びていて、なんとも不安定な状態です。

大地震が起きなくても自然崩壊しそうな状態なのです。

ところが1階正面にある店、たまたま休みでシャッターが下りていますが、普段は普通に営業しているのです。

配管や建築材料の店なのですが、平日はトラックが横付けされて繁盛している様子です。

正面左側は車の修理と洗車の専門店。

その間にセメントを売る建材屋もありますね。

これらの店もやっぱり繁盛しているのです。

でもねぇ・・・

2階部分と3階部分は建築工事を途中で放棄してそのまま放置プレイ状態なのですww

この町には他にも6階建てのアパートの4階から上の部分が建築放棄されたまま、3階から下の部分には人が住んでいるアパートなど、このような建物が普通にあるのです。

中国ですから最初は政府の管理で建築を始めたのでしょうが、途中で工事が中断してそのまま放置されたのでしょうね。

常識では閉鎖されるか取り壊されると思うのですが、この国では、そのような状態の建物でも、

「下の階は住めるんだから使えばいいじゃん・・・」

という感覚なのか、常識では考えられない建物に人が住んだり店を出しているのです。

う~ん・・・

やっぱりどう考えてもヘンなのですが、これも中国ならではの風景なのかもしれませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 黒い川 | トップページ | 中国の大地震 »

中国の話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/20914917

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟ビルに住む人たち:

» 中国大地震 パニック映像公開。(動画あり) [中国大地震 パニック映像公開。(動画あり)]
5月12日に起きた大地震の映像です。崩壊した建物の下敷きにされている女性を救出している途中にマグニチュード4の地震がおき、大パニックになっている姿が映っています。グロテスクな映像が含まれている為、消される可能性があります。 [続きを読む]

受信: 2008年5月13日 (火) 12時50分

« 黒い川 | トップページ | 中国の大地震 »