« タイ はじめて訪れた時 | トップページ | バンコク アメリカ人と »

2008年5月 1日 (木)

タイ人はオバケが嫌い

タイ人はオバケが嫌いです。

オバケが好きな人は誰もいませんが、タイ語では「ピィー」と呼ばれる精霊の存在を特に怖がるのです。

子供たちはもちろん、大人もその存在を信じて怖がる「ピィー」ってなんなのでしょう・・・・

タイ人に聞くと、「ピィー」とは精霊、亡霊、妖怪、オバケといったもので、人間の存在ではない何か「ただものではない」ものらしく、人気の無い森の中や滝のそば、家の周りにも存在すると言います。

タイ人は霊感が強い、とまで言う人もいます。

「田舎の家には昔からピィーがいて、時々現れるけど悪いピィーじゃないので普通に暮らしている・・・・」

家族ぐるみのお付き合いのような気がしますが、悪いことをしたり不運をもたらすピィーもいるはずですよね。

そのくせ、深夜の海岸べりなど、絶対にピィーがいるから出掛けない!

と怖がっているのです。

単なる怖がりなのでしょうが、ピィーが集まる場所があるそうで、そういう場所には近づかないほうがいいと言います。

街角や家の庭先などに小さな祠を建てて、朝晩線香を上げたりお供えをする風習があるのもその場所のピィーを鎮めるためだそうです。

私は霊の存在を否定しませんが、私自身に霊感がないので、

「ホントにいるのなら出て来い!」

と思ったりしますが、そのようなことを言うだけで、ピィーがやって来るから言っちゃダメだと言われました。

タイの映画ではピィーを主題にした映画、すなわちオカルト映画が大人気です。

コメディー映画にもなぜか?ピィーが登場して、怖がる主人公たちを観て喜ぶのです。

身近に存在するピィーを怖がりつつも娯楽としても楽しむ。

タイ人の感覚って不思議だな、といつも思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« タイ はじめて訪れた時 | トップページ | バンコク アメリカ人と »

タイの話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/20569324

この記事へのトラックバック一覧です: タイ人はオバケが嫌い:

« タイ はじめて訪れた時 | トップページ | バンコク アメリカ人と »