« 海外で気になる関西人 | トップページ | 中国 気になるニュース 14 »

2008年6月13日 (金)

中国 停電

中国かた田舎の停電の話。

日本では考えられない頻度で停電になります。

予告なし、ある日突然の停電です。

一番困るのは仕事中。

パソコンでデータの作成や資料をまとめている最中に停電になることもしばしば。

もし、それまでのデータを保存していなかった時など、泣くに泣けません・・・

「この2時間分の仕事がパァーかよ!」

どこにも持っていきようのない怒りを押さえつつも、その日はそれでやる気なし・・・

工場全体が停電になったときなど、作業も出来ず、部屋の電気もエアコンもストップ。

薄暗く蒸し暑い事務所でいつ復旧するかわからないまま、時間だけが流れていきます。

もちろんインターネットも使えませんので、まったく何も出来ない状況になるのです。

せめて、パソコンの作業中のデータの消失を避けるため、電源とパソコンの間につなげるバッテリーのよなヤツ・・・・・名前忘れました

でも用意して、停電対策をしておけばよいのですが、

「今度こそソレを買うぞ!」

とかいいつつ、翌日には忘れて、またいつものように仕事に追われる毎日なのですね。

私が働く地域は、ここ最近、工場の建築ラッシュになっています。

近所に新しい工場が出来上がるたびに、新たな電気を引っ張るため、そのたびに一時的とは言え、一斉に一部の地域だけが停電になるようです。

予告なしのいきなりの停電なので、私はいつも工場の管理者に文句を言うのですが、

「そうですよ、午後3時から停電です。言いませんでしたっけ?」

「聞いてないぞ!」

「書類で回覧しましたよ」

といいつつ、中国語で書かれたお知らせを見せる管理者。

よく見ると中国語でも意味は理解できましたが、私の部署に回された形跡がありません。

「もうすぐできますから、待ってください」

なんとものんびりした話ですが、停電があることを知ってて、一部の人間にしか知らせないその管理者。

<中国だから・・・・しょうがないのかなぁ・・>

最近の私はすぐにあきらめモードになってしまいます。

これじゃダメなのですがねぇ・・・

その昔、タイでも停電はありました。

同じく工場での突然の停電。

その瞬間、働いている数十人のタイ人の工員たちは一声に

「ヒューヒュー!!」

と喜びの奇声?をあげて作業場から出て行きました。

もちろん私はムカつきましたが、今思えば、タイ人のほうが可愛らしく思えるのはなぜでしょうね。

日本じゃ数年に一度あるかないかの停電。

中国の、特にこの地域は月に一度のペースで停電するのです。

やっぱりまだまだ発展途上なのだなと、思うしかない今日この頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 海外で気になる関西人 | トップページ | 中国 気になるニュース 14 »

中国の話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そういえばタイの事務所でもそうでしたよ。
大体30分くらいは止まってたから、定時近くだと「帰るかぁ!」とか言って喜んでた。
ただし・・・、暑期のころは別。エアコンが止まると地獄でしたもんね。タイ人でさえグタってた。

投稿: mayuzii | 2008年6月13日 (金) 07時40分

タイで事務所兼宿舎に住んでいた当時、夕方から停電になり、スタッフはみんな帰宅。
私1人だけ、真っ暗な家に取り残されて悲しいらら寂しいやら・・・
停電が復旧する見込みもなかったその夜は、1人でホテルに泊まったこともありました。

投稿: fukki | 2008年6月13日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/21596109

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 停電:

« 海外で気になる関西人 | トップページ | 中国 気になるニュース 14 »