« 中国 気になるニュース 15 | トップページ | ボロボロの紙幣 »

2008年6月23日 (月)

海外生活の必需品

海外生活の必需品。

私の海外生活で、なくて不便だったものなど、思い起こしてみます。

それは、旅に出掛けるときに持っていくものではなく、生活するうえで、意外なものが意外なときに必要になったり、なくて不便に感じることがあるのですねぇ・・・

<耳かき>

綿棒はどこでも手に入りますが、竹で出来た先の小さな耳かきって、なかなか手に入らないのです。

私の場合、バンコクでは日系スーパー、中国に来てからはマカオのダイソー(100円ショップ・マカオ版)で買い求めました。

<爪切り>

これも日本製のほうが良いですね。

中国製品で何度も深爪して痛い目に遭いました。

<ワインのコルク抜き>

中国のスーパーでも売っているのですが、マトモにコルクは抜けません。

途中でコルクがグズグズになってしまうばかり、なのですw

<セロハンテープ>

タイも中国もまったくダメです。

事務用品として日常的に使うはずなのですが、マトモなものはないです。

途中でピリピリ切れてしまい、ナナメになった先っちょのキッカケをイライラしながら爪で引っぱがすたびに情けなくなります。

<意外にも中国製で問題がないもの・・・>

パンツと靴下

私はトランクス派なのですが、タイも中国もピッチピチのブリーフが主流です。

タイでも探しましたが、トランクスは少数派のようで、いいものがありません。

しかし、珠海のちょっとした店では1枚20元程度で割とマトモな物が買えるのです。

靴下も中国製で問題ないです。

タイでは靴下に苦労しました。

靴下なんか履かない人たちなので、タイで靴下といえば、スーツを着たときに履くような、綿のオッサンくさい靴下ばかりなのです。

ところが中国では割とカジュアルな靴下が豊富で、そのまま日本などに輸出しているのでしょうが、「Levi's」のニセ物靴下が1足8元で買えます。

逆に全然ダメなのが、中国製の衣類。

安いものは論外なのですが、そこそこの値段を出してもいいものがありません。

店で長時間吟味して買って帰っても、一度洗濯したらシャツの袖口の糸がほどけている始末・・・・

衣料品は日本でもほとんどが中国製になっていますが、中国では、輸出用と国内用で品質の違いがあるように思えます。

私は特にブランド品など着ないのですが、ポロシャツやジーンズなどは、いつもバンコクで買って帰るようにしています。

・・・・今回も、思いつくままに書いてしまいました。

海外生活って何かと不便なものなのですが、基本的には、現地調達で使えるものを探すようにしています。

それもまた、海外生活の楽しみでもあるわけですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 中国 気になるニュース 15 | トップページ | ボロボロの紙幣 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/21786356

この記事へのトラックバック一覧です: 海外生活の必需品:

« 中国 気になるニュース 15 | トップページ | ボロボロの紙幣 »