« バンコク 空港のタクシー | トップページ | やばいかも? »

2008年7月 8日 (火)

雑誌 没収?

マカオから中国への国境にて・・・

先週末、私はいつものようにバンコクに帰っていました。

この前の日曜日、バンコクからマカオへ戻り、そのまま中国珠海へ入るべく、いつものようにイミグレーションに並びました。

中国側の入国審査を終え、いつものように外に出ようとすると、税関で、すべての荷物をX線の検査の機械を通すシステムになっていました。

他の人たちと同じように、私も自分のカバンを機械に通し、何事もなく通過、のはずが・・・

私の荷物がベルトコンベア式の機械から出てきた瞬間に、中国の係官に止められました。

「カバンを開けて中を見せなさい」

てなことを偉そうに言う係官。

私は言葉がわからないフリをしつつ、しらばっくれようかと思いましたが、あまり抵抗するのもよくないな、と思い直し、素直にカバンを開けました。

イヤな予感がしました。

バンコクの古本屋で買ってきた文庫本や雑誌、空港で買った新聞などが引っかかったのかもしれません。

私のカバンからそれらの雑誌や本を取り出す係官。

文庫本は問題なし、というか日本語が読めない係官、いいも悪いもわかるわけないですね。

空港で買った読売新聞を眺める係官・・・

これまた読めるわけもなく、すぐに放り投げました。

「投げんな!コラ!」

ムカついた私が日本語で文句を言うと、日本語が出来る女性の係官がやってきました。

雑誌は2冊。

週刊文春と月刊「正論」です。

どっちもヤバそうな内容記事だったので、ヤバいな・・・と思いました。

特に「正論」7月号の表紙には、「北京政府はチ○ットの問題を・・・・・」

って大きく書かれています。

すると女性係官は

「この本は、中国に持ち込むことが出来ません」

「なんで?どうして?私が読むだけで、中国人は読めないし問題ないでしょ?」

「産○新聞社(発行元)が問題あります・・・それと、これ・・・」

表紙の「北京政府が・・・・」という部分を指差しながら言うのです。

「じゃ、どうするの?没収ですか?罰金ですか?」

この際ハッキリさせてもらおうじゃない?と思った私は、怒りを抑えつつ、女性係官に詰め寄りました。

「こんどアナタが日本に帰る時に返します。それまでココで預かります」

「ハァ???」

何度かやり取りがありましたが、そのままウラへ連れて行かれ、私のパスポートのコピーを取り、本を袋に入れて口を縛り、預り証を渡されました。

「お金取るの?そこまでして読みたくないし、いらないから捨ててもいいよ」

そんなバカげた事で、ビタ一文でも取られることが許せなかった私は、そう言ったのですが、預かり金は1元でした・・・

「はいはい、わかりました、わかりました。今度帰る時に返してくれるのね」

最後はアホらしくなりつつ、その場を離れましたが、やっぱり、納得できませんね。

言論の自由を規制する、この国のイヤな部分を垣間見た気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« バンコク 空港のタクシー | トップページ | やばいかも? »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

すごいですねぇ、中国。
オリンピックまであと一ヶ月ちょっとですか?日本語のわかる係官まで出てきてチェックなんて、本当に必死なんですね。
でも「返してくれる」って言っても、いざとなったら無くなってるような気がするのは私だけ・・・・?

投稿: mayuzii | 2008年7月 8日 (火) 06時59分

最近のイミグレはかなり厳しいですよね・・・雑誌。アタシも昔、何度か没収されました。。すんごい気分悪いですよね。投げるな!!ってほんと言いたい。あとは、見ている人の気分で大丈夫か大丈夫でないか決めるし。
でも、今の方がもっと厳しそう。あたしの新聞はその手のネタは無かったし、セーフでしたけど。最近何もかもが厳しくって・・・

投稿: cha-jeen | 2008年7月 9日 (水) 08時28分

遣りますねぇ
中国も
私は成田で何もかも靴下のなかまで調べられた事がありますね

それ以外の空港で持ち物にウルサイの経験した事無いや

オリンピック!

投稿: あんご | 2008年7月 9日 (水) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/22142795

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌 没収?:

« バンコク 空港のタクシー | トップページ | やばいかも? »