« タイ 日本語の普及状況 | トップページ | 中国 気になるニュース 19 »

2008年7月15日 (火)

中国 かた田舎の日本語

昨日、タイでの日本語の普及の話を書きましたが、今回は中国の日本語。

北京や上海などの大都会ではなく、広東省珠海の、さらに西のはずれにアルかた田舎。

この町で耳にする日本語って・・・

ほとんどないなぁ・・

町に唯一ある日本料理屋。

私のほかにもこの町で仕事をする日本人の憩いの場です。

この店のママさんは多少の日本語を話せます。

店の小姐もほんの少し。

酔っ払って私が店の小姐に日本語を教え、そのかわりに中国語を教えてもらうのが楽しみでもあります。

それ以外では・・・

日本語は全く通じません。

英語もダメです。

町に3軒ある喫茶店。

ステーキ等の洋食メニューがあり、英語でもメニューを表記してあります。

でも、店の小姐は全く英語を話せません。

時には私のことを香港人と思ったのか、広東語でまくしたててくる小姐もいます。

「わっからへん!っちゅーねん!」

くやしいので関西弁で言い返すのですが、まったく聞く耳をもちませんw

ローカルの食堂や商店、スーパーマーケットに携帯電話屋、薬局も銀行も英語も日本語も通じないのです。

おかげで、私の中国語のヒアリングは上達しました。

って言うか、ヒアリングが出来ないと、何もできないのです。

彼らにとって、中国語が出来ない人は、

「気の毒な人・・・」

あるいわ

「エイリアン」

としか思ってないでしょうね。

金髪で青い目の西洋人ならともかく、見た目は変わらない東洋人が、なぜ?中国語ができないのか、不思議に思われているような気がします。

日本にいる知人からは、お気楽な海外生活と思われているようですが、毎日の言葉の格闘は微妙なストレスになっているのですね。

タイではそんなストレスを感じなかったのになぁ・・・と思う今日この頃。

他人に対する距離感や親密度の違いは、国民性の違いでもあるような気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« タイ 日本語の普及状況 | トップページ | 中国 気になるニュース 19 »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/22272106

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 かた田舎の日本語:

» メガ角切りステーキ  ペッパーランチ サラリーマンのお食事 [サラリーマンのお食事]
ペッパーランチはよく行きます。値段の割りにおいしいです。 980円でライスつきです。 ライス大盛り無料です。 ステーキは夏の活力です。 東京の江戸川の西葛西店で食べました。 [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 18時49分

« タイ 日本語の普及状況 | トップページ | 中国 気になるニュース 19 »