« OISHI ポークワンタン | トップページ | 恥ずかしい日本 »

2008年9月 1日 (月)

日式照焼鯖魚柳

サバの缶詰の話です。

ニッスイやマルハなど、私は日本にいたときからサバの缶詰が大好きでした。

出稼ぎ生活の今も、先週紹介した珠海のジャスコなどでサバの缶詰を買い込んでいるのですが、実は、またしても安くて美味い?サバ缶を発見しました・・・

Cimg0547 日本語のロゴは一切ありませんが、

「日式照焼鯖魚柳」

という漢字と共に、パッケージの写真で解りますよね。

しかもお値段は日本製の缶詰(16元~19元)より安い13.5元なのです!奥さん!!

照焼き???

味噌煮じゃないの?

確かに「サバ缶味噌煮第一主義」の私も不安でした。

Cimg0550 横長の缶を開けてみましょう・・・

一応サバの半身が2枚入ってます。

さてお味は・・・

その前に、もう一度パッケージを見ると・・

Cimg0548 「PRODUCT OF THAILAND」

プロダクト、オブ、タイランド??

タイで作ってんの??

箱をよく見ると、確かに「原産国 泰国」

製造商 「PAN AISA (1981)CO.,LTD.」

う~む・・・

意外なところで意外なタイランド・・・

輸入元は香港の会社のようです。

ともかく食べてみましょう。

・・・サバです、ちと・・甘め。

照焼きなので、こんなものか?というお味。

サバ自体は悪くないです。

日本の皆さんには意外かもしれませんが、「サバの照焼き」ってタイでは普通なのです。

「ニッポン人は味噌煮か塩焼きやろぉ!」

というご意見をヒシヒシと感じますが、タイではサバといえば照焼き、といって過言じゃないくらいタイ人も愛する味なのです。

味噌煮がむりなら塩焼きじゃないの?せめて

と思うのですが、タイ人にとって、塩焼きは

「ケム・マーク・ルゥーイ・・・」

<塩っぱいなぁ・・・>

というコトらしく、照焼きの甘~い味がいいそうです。

話が脱線しました。

中国で見つけたサバの缶詰照焼き味

しかもタイ製・・

私にとっては絶対外せないネタですねww

ちなみに、この缶詰。

珠海では先週紹介したジャスコに売ってますが、それ以外のスーパーや百貨店で販売されているかどうか、ただ今調査中です。

もちろん私の出稼ぎ先、かた田舎にはないです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« OISHI ポークワンタン | トップページ | 恥ずかしい日本 »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/23381310

この記事へのトラックバック一覧です: 日式照焼鯖魚柳:

« OISHI ポークワンタン | トップページ | 恥ずかしい日本 »