« 大脱走 | トップページ | 中国 気になるニュース 28 »

2008年10月27日 (月)

バンコク スクムビット通り

バンコクのスクムビット通り。

私の自宅もこの通りにあります。

都内中心部からパタヤまで続く幹線道路。

大都会から下町の雰囲気までが味わえる面白い通りのなのです。

Cimg0219 私のアパートはスクムビット通りからソイと呼ばれる枝道を入ったところにあります。

通りに出るまで3分。

ソイの入り口、タイ語で言う「パーク・ソイ」にはセブンイレブンがあります。

「パーク・ソイ」っていうタイ語、そのまま訳すと、ソイ(路地)の口。

ソイには番号がつけられていて、通りの基点、すなわちバンコク都内中心に近いほうから番号が始まって、通りの基点を背中にして左側が奇数、右側が偶数の番号がつけられています。

私のアパートはスクムビット通り、ソイの60番台の奇数側。

中心部からは離れていますが、一応、BTSスカイトレインの沿線なのです。

スクムビット通りの基点は高速道路の高架下、昔は「ソイ・ゼロ」というバー・ビア街があって、それなりに風情のある場所でした。

今も高速道の下には国鉄の貨物線が走っており、長大編成の貨物列車が忘れた頃に通り過ぎるのです。

いろんな意味で有名なソイ・ナナからアソーク交差点までは、多国籍な情緒あふれる地域です。

・・・この辺の話はいろんな人が、色んなブログで解説されているのであえて私が言う必要ないですねww

エンポリアム・デパートがあるソイ24とその対面、ソイ33 1/2近辺。

まさに日本人のためのソイっていう雰囲気ですね。

私も帰省するたびに出掛けてますが、買い物から食事、マッサージから居酒屋まで、なんでもありの日本人村という感じです。

ソイ55、有名なトンローです。

タイのソイには、ソイなのに別の呼び名があるソイがあるのです。

スクムビットでは先に書いたナナ。

そしてトンロー。

エカマイ、オン・ヌット、ウドムスックにサムロン、などなど・・・

そう思えば、スクムビット通りって有名なソイがたくさんあるんですね。

これまで私は、あまりも地元すぎてノーマークでしたが、スクムビットのソイの話だけで、このブログ記事を数本書けそうです。

次回のバンコク帰省のときは、デジカメをポケットに忍ばせつつ、スクムビット・ローカルネタ散策に出掛けようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 大脱走 | トップページ | 中国 気になるニュース 28 »

タイの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/24667450

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク スクムビット通り:

« 大脱走 | トップページ | 中国 気になるニュース 28 »