« 第七回 中国航展 | トップページ | いつも財布は小銭でいっぱい »

2008年11月12日 (水)

昭和の味のミート・スパゲティー

中国のかた田舎、私のお気に入りランチ・メニュー。

懐かしのミートスパゲティー。

まさに

昭和の味・・・・

かた田舎の喫茶店「你心园」

Cimg0779 画像のとおり、まさにそのまま。

日本のミートスパゲティーそのものなのです。

スープとドリンクがついたセットで30元。

Cimg0780 中華料理ばっかりで飽きた私に優しいお味。

スパゲティーは中国でも一般的。

漢字では意粉(いーふん)と書きます。

イタリアの粉(こな)もん、っていう意味でしょうかね。

Cimg0781 色んなお店で食べたこのメニュー。

なぜかここのが一番なのです。

『スパゲティーがパスタと呼ばれる前の味』

といえばわかりますよね。

日本人にとってスパゲティーといえばこういうもんだったはずですが・・

パスタと言われ始めたころからおかしくなった気がします。

パスタはアルデンテ?

ちょっと前まで知らなかったくせに、なーにがアルデンテだっての!

そんなこざかしい話は全く関係なく、パスタじゃなくて、『麺!』と呼びたい柔らかな食感。

茹ですぎのほうが、ミートソースによくなじんで美味いんです。

昭和の時代の喫茶店に必ずあったスパゲティー。

まさに、懐かしいあの味なのです。

私は月に2回は必ず食べています。

今日も美味かったぁ!

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 第七回 中国航展 | トップページ | いつも財布は小銭でいっぱい »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/25239899

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の味のミート・スパゲティー:

« 第七回 中国航展 | トップページ | いつも財布は小銭でいっぱい »