« 嬉しいお土産 | トップページ | なんかやってるな »

2008年11月18日 (火)

道案内が苦手な中国人

中国人は道案内が苦手です。

言葉がわからない私が隣で聞いていても

そんな説明じゃ伝わってないだろうなぁ・・・

っていつも思うのです。

中国の工場からマカオへ荷物を送ることになり運送屋さんを呼びました。

かた田舎の荒野のはずれにある私の出稼ぎ先。

運送屋さんが住所を頼りに工場までたどり着くには至難の業。

カーナビなんてあるわけもなく、頼りになるのは電話だけ。

約束の時間。

予想通り、トラックの運ちゃんは道に迷ったらしく、

工場のスタッフに電話をかけてきました。

「你現在那里?▼※□◎#・・・・・?」

横で聞いていた私。

すべての会話を理解できませんが、雰囲気で理解できました。

勝手に翻訳すると・・・

「だから、どこまで来てるの?」

「三灶鎮・・・」

「それはわかったから、三灶のどこ?」

「水道局の前」

「え?三灶に水道局はないよ!え?橋の上?橋はたくさんあるけど、どこの橋?」

「小さな川の橋の上・・・」

堂々巡りのかみ合わない会話。

私も何度か経験しましたが、中国人って道をよく知らないのです。

そのくせ自分の勘だけで勝手に進んでしまいます。

そのうち間違いに気がつくのですが、間違いを認めません。

で、最後はいつもの手段。

町にいるバイク・タクシーの人に聞くのです。

時にはバイクで先導してもらって目的地に到着。

もちろん、バイタクの人にはお礼のお金を渡します。

今回も全くその通りの展開でした。

バイタクに先導されて、無事に到着したトラック。

約束の時間に遅れたのに悪びれることもなく、

笑顔で登場して、風のように去っていきました。

やれやれです・・・

Dsc06835

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

|

« 嬉しいお土産 | トップページ | なんかやってるな »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/25318495

この記事へのトラックバック一覧です: 道案内が苦手な中国人:

« 嬉しいお土産 | トップページ | なんかやってるな »