« タイ人の皆さんにトムヤムの素 | トップページ | 缶入りのチキンカレー »

2009年10月 1日 (木)

KLで歯医者

先日、私の前歯の差し歯が取れました。

食事中、突然取れてしまった差し歯はそのまま持ち帰りましたが、

ここはマレーシア。

歯医者はどこにもでありますが

どこに行けばよいのやら・・・

前歯が抜けたマヌケな顔で工場に出勤。

工場の皆さんに笑われたのは言うまでもないですが

歯医者を紹介してもらわなくてはいけません。

・・・が

皆さん、詳しく知らないのです。

私のアパートの近所か工場の近くで

日本語が通じる歯医者が良いのですが、

そんな条件が揃うわけないですね。

結局、工場の社長に紹介してもらった歯医者は

アパートからKLに向かう途中のわかりやすい場所でした。

事前に予約を入れてもらい、早速、出かてみました。

受付での応対は英語か中国語、マレー語の3ヶ国語。

問診表に名前を書きつつ、英語を選びました。

当然ですが、日本語は通じません。

中華系のマレーシア人の歯科医は私と同年代の人でした。

早速治療開始・・・・

抜けた前歯の部分を小さなカメラで撮影。

パソコンを通して画面に映し出された私の口の中。

5年ぶりくらいの歯医者です。

取れた差し歯は私がまだ日本にいた頃に入れたもので、

バンコクに移り住んだ頃、一度抜けてしまったことを思い出しました。

あの時は・・・・

バンコクの歯医者で日本語はほとんど通じず、タイ語で会話してたな・・・

そんなことを思い出している私に

取れた歯についてその歯科医は説明してくれました。

「選択は2つあります。取れた歯をそのまま元に戻します。

そうすると30リンギット・・でもあまりお勧めできません。

またいつか取れてしまうでしょう。

もうひとつの選択は、新しく差し歯を作ります。

歯が取れてしまった部分は削りなおして新しく土台を作って、

今までよりも丈夫な差し歯をかぶせます。

この場合、1200リンギットほどになります・・・」

わかりやすい英語での説明。

でも、この選択は自動的に新しい差し歯をお願いするしかないですね。

結局、その日は新しい差し歯の土台づくり・・・

その部分の神経は抜いてあるので痛くはないですが

ガリガリと削られて、その振動は頭蓋骨に響くほど・・・

ちゃんと歯磨きしとけばよかった・・・

いつもいつも歯医者で後悔するのですが、時すでに遅し。

しかもここはマレーシア。

日本で入れた差し歯が

タイで取れてつけ直して、やがてマレーシアで作り直しとは・・・

3カ国渡り歩いた私の差し歯は、

昨日やっと、新しい差し歯に変わりました。

ついでに歯石もとってもらって、タバコのヤニもすっきりさっぱり。

真っ白な歯に生まれ変わって、タバコを吸っていた痕跡もなくなったわけです。

総額1500リンギットほどでしたが、

当分歯医者には行かないでいいでしょう。

というか、今度歯医者に行くときは

どこの国の歯医者さんなのでしょうかね・・・・

??????? ??????? ??????
???????????????

|

« タイ人の皆さんにトムヤムの素 | トップページ | 缶入りのチキンカレー »

マレーシアの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/31581877

この記事へのトラックバック一覧です: KLで歯医者:

« タイ人の皆さんにトムヤムの素 | トップページ | 缶入りのチキンカレー »