« 肉骨茶でスタミナ補給 | トップページ | インドシナの本 »

2009年11月 7日 (土)

マレーシア出国で

昨夜遅くバンコクに帰ってきました。

いつものように週末だけのバンコクですが私にとっては貴重な時間。

気分よく帰るはずが、マレーシア出国のとき

やっぱりひと悶着あったのです・・・

問題になったのは私のパスポート。

先月、私がマレーシアに入国した時、なぜかわかりませんが

マレーシアの入国スタンプが押されていませんでした。

パスポートを受け取ったときに気がつけばよかったのですが

私が気がついたのは、マレーシアに入国してタクシーに乗って帰る途中でした。

夜も遅い時間でしたし、なによりも、それだけのために引き返す気にもならず

「ま、なんとかなるやろ・・・」

と思ってすっかり忘れていました。

そうして昨夜のKL空港LCCターミナルのイミグレーション。

私は出国手続きをするときにスタンプがないことを思い出しました。

でもイミグレーションの出国カウンターの前でじたばたするのも変なので、私はそのまま係官の女性に自分のパスポートを差し出しました。

普段と変わらない様子で、私のパスポートをめくる係官。

何度も何度もページをめくっています。

<やっぱり入国スタンプを探してるんやな・・・>

「いくら探しても入国スタンプはないですよ」

と、私から言うのも変に疑われそうな気がして黙ってました。

・・・やがて

「いつマレーシアに入国しましたか?スタンプがないですけど」

という係官

「先月11日です。ここの空港のイミグレーションで入国しました。

DEPARTURE CARDには入国スタンプが押してありますが、パスポートにはスタンプが押されてないのです」

怪訝な表情をする係官。

そのやり取りを見ていた上司らしき偉そうなオッサンがやってきました。

事情を説明する女性の係官。

「・・・だから入国したときにスタンプを押し忘れたんでしょう?私に何か問題があるのですか?」

長引く話し合いにイライラして思わず私も声が大きくなってしまいました。

すると

「入国したときはパスポートにスタンプがあるか、確認しなさい。わかりましたね!」

確認しなかった私が悪いような言われかた・・・

益々ムカムカしましたが、ここで騒ぎを大きくして、出国できない!

という事態だけはカンベンなので、私は怒りを抑えつつ、

オッサンの あなたの言うとおりです・・と、納得できないまま謝りました。

結局、入国スタンプはないままで、出国のスタンプの下に手書きで前回の入国日を書き入れられて出国手続き完了。

やれやれですが、やっぱり納得できません。

入国の係官の不手際なのに、なんでこっちが謝らないといけないのでしょうかね。

タイの皆さんと一緒に入国したときもそうでしたが、私はどうやらマレーシアのイミグレーションと相性が良くないようですね。

いやはや・・・

でもやっぱりハラ立つなぁ・・あのオッサン!

Cimg3967

??????? ??????? ??????

|

« 肉骨茶でスタミナ補給 | トップページ | インドシナの本 »

マレーシアの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/32116562

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア出国で:

« 肉骨茶でスタミナ補給 | トップページ | インドシナの本 »