« 巨大フードセンター | トップページ | Tiger Airways でKLへ »

2010年1月21日 (木)

タイのローカル航空

日本はJALの経営破たんで大きく再編せざるを得ない航空事情。

タイ国内も知らない間に航空会社の撤退などあったようです。

タイ国際航空やここ数年で一躍アジアを制覇したエア・アジア以外にも

タイにはいくつかの航空会社が飛んでいます・・・

カンボジアのシェムリアップやタイのサムイ島など、観光路線に強い

バンコク・エアウェイズ

以前、バンコクからマカオへの路線が登場したり、広島への定期便など、拡大路線を突き進んでいたのですが、最近はめっきり縮小モードのようです。

サムイやチェンマイ、スコータイなど、タイ国内路線は集客率がよい路線だけになり、国際線はシェムリアップにプノンペン、ヤンゴンとラオスのルアンプラパンなど、4カ国5路線だけになりました。

以前就航していた中国桂林やマカオは廃止されたようで、広島便もなくなっていました。

マカオからバンコクへ就航開始した当時、喜んで乗ってみた私としては寂しい限りです。

マイルが溜まるフライヤーボーナスに申し込んだ私。

この先バンコクエアウェイズを利用することはあるのでしょうか。

そしてタイ国内の小さな都市のローカル路線をカバーしていた

PBエア

昨年10月、すべての営業を停止しました。

小さなジェット機で大手の航空会社が飛ばないエリアをカバーしていたのですが、やはり経営が立ち行かなくなったようです。

数年前、バンコクからタイ北部のランパーンまで利用したことがある私は、これまた感慨深く寂しい気分でそのニュースを読んでいました。

ローコスト・キャリアと呼ばれる格安航空が世界の空を飛び回る影で、大手に対抗する術もなく、格安路線にもできない小さな航空会社は自然淘汰されていく運命なのでしょうかね。

??????? ??????? ??????

|

« 巨大フードセンター | トップページ | Tiger Airways でKLへ »

タイの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/33076315

この記事へのトラックバック一覧です: タイのローカル航空:

« 巨大フードセンター | トップページ | Tiger Airways でKLへ »