« タイのKFC  | トップページ | ぶらぶら歩きのロッブリー(後編) »

2010年3月12日 (金)

ぶらぶら歩きのロッブリー(前編)

バンコクから北へ

古都アユタヤーのさらに1時間ほど北にあるロッブリー。

街中にいるサルとヒマワリ畑が有名ですが、

歴史ある城塞都市なのです・・・

ロッブリーへはバスが便利。

北バスターミナル、通称「モーチット・マイ」からエアコンバスで片道98バーツ。

チケットは1階の正面左の奥の窓口で買えます。

この日の乗り場は96番。

朝8時半のバスでしたが、途中、ドン・ムアンやランシットなど各地でお客さんを拾って車内は満席になりました。

久しぶりのタイのバス旅、なんだかワクワクします。

サラブリーで小休止。

飲み物や果物など、物売りの皆さんが車内に乗り込んで来るものバス旅のお楽しみ。

バンコクを出発して2時間半、午前11時にロッブリーに到着。

バスターミナルは新市街にありました。

散歩コースである旧市街へと向かうため、市バスを探したのですが、ウロウロするうちにバスは出てしまいました。

売店のおばちゃんに聞くとモーターサイで行ってもすぐだとわかり、モーターサイの後部座席にまたがって目指すはロッブリーのシンボル「プラ・プラーン・サム・ヨート」です。

Cimg5371

3つ並んだクメール式の仏塔。

13世紀に建立されたそうです。

中に一歩入ると、いましたいました、サルの皆さん。

Cimg5377

Cimg5378

Cimg5376

子ザルが沢山いて可愛かったですが、まったく人見知りしません。

食べ物を持って歩くと狙われる、とか聞きましたが、アットホームな雰囲気でまったく怖さは感じません。

Cimg5380

ちょうど餌をもらう時間になったようで、皆さん揃ってお食事タイム。

この日のランチは菜っ葉でしたww

歴史ある遺跡というよりも、動物園にいるような気分ですねぇ。

遺跡なのに、特別な仕切りも柵もなく、どこまでも近づいてよじ登ることもできるのは、日本じゃ考えられないですが、タイならではのおおらかさなのでしょうか。

Cimg5375_2

子供にノミ取りをさせる母ザル。

リラックスしまくりの姿に、私の心も和みました。

Cimg5381

後編へ続きます・・・

??????? ??????? ??????

|

« タイのKFC  | トップページ | ぶらぶら歩きのロッブリー(後編) »

タイの話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
沢山の猿ですね。
ノミ取りを一心不乱にしているように見える小猿と母猿の姿はいいですね。
日本では 都内の住宅地に猿が出没して大騒ぎというニュースや、観光地で人や土産物店を襲う猿といい、あまり良い印象はないです。

投稿: ピナツボ | 2010年3月12日 (金) 12時42分

ピナツボさま
ここはサルと人間が上手く共生している街だと思います。
中には悪さをするサルもいるでしょうけど、サルが近寄ってきてもホントに怖さは感じませんでした。

日本人も野生のサルと上手く付き合うには多少のことは目をつぶっていかないといけないのかもしれませんね・・・

投稿: fukki | 2010年3月12日 (金) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/33730841

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらぶら歩きのロッブリー(前編):

« タイのKFC  | トップページ | ぶらぶら歩きのロッブリー(後編) »