« ラオス サワンナケート | トップページ | ラオスの旅 2010 その2 ビエンチャンでタイのビザ »

2010年4月29日 (木)

ラオスの旅 2010 その1

私にとって2度目のラオス

1週間の旅を終えてバンコクに戻ってきました。

今回、約2年ぶりにラオスに行くことにした理由

ひとつはタイのビザを取ること

もうひとつは世界遺産、チャムパーサックのワット・プー遺跡へ行くことでした・・・

ラオスに滞在中、ビエンチャンとサワンナケートの記事をアップしましたが

他にも書き切れなかった話はたくさんあります。

ビエンチャンまでは飛行機で飛びましたが、ラオス国内はローカルバスでの移動。

昔よりは良くなったと言われるラオスの道路事情ですが、舗装されてはいるものの、デコボコだらけでウネウネ曲がりくねる国道13号線。

年代物のバスの車体では上下左右に揺れまくり・・・

長時間の移動はキツかったです。

でもそのバスのおかげげ知り合ったラオス人と意気投合

一緒に遺跡観光に行く事になり、一人で行くよりも楽しめました。

皆さん人懐っこくて優しかったです。

Imgp001

郊外からパクセーの町までドリアンをバイクで売りに行く地元の農家のご夫妻。

Imgp002

小ぶりですがズッシリと重たい採れたてのドリアン

どれでも一房20,000キープ(約220円)とこのと。

「バーツだったらいくらですか?」

「80バーツだね」

と即答・・・

ラオスの皆さんは自国の通貨であるキープを即座にタイのバーツとアメリカドルに換算してしまうんですね・・・

このドリアン、買って帰りたかったのですが、ホテルへの持ち込みは多分ダメですし、持ち込んでも一人じゃ割ることも出来ないし、何よりも、これを食べたら夜のビールが飲めなくなるのがツライなぁ・・・・という事で、話だけ聞いて私は買いませんでした。

「あぁ、そうかい・・・じゃ、また今度ね・・ありがとうね」

わざわざバイクを止めてもらったのに、買わない私にも愛想よく文句も言わないで笑顔で去っていったご夫妻に、ラオスの人たちの温かさ、心のゆとりを感じました。

これがもし・・・中国だったら???

考えるだけで恐ろしいことになりますねww

タイに接していて言葉もよく似たラオス・・・

私にとって忘れられない時間をゆったりと過ごすことができました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« ラオス サワンナケート | トップページ | ラオスの旅 2010 その2 ビエンチャンでタイのビザ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/34434948

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの旅 2010 その1:

« ラオス サワンナケート | トップページ | ラオスの旅 2010 その2 ビエンチャンでタイのビザ »