« ラオスの旅 2010 その8 歩いてタイに入国 | トップページ | 流行りのニックネーム »

2010年5月10日 (月)

なにもなく日常の話

しばらくラオスの旅の話が続きましたが

帰ってきてからは何事もなく普通にしてました。

あ、チラッとイサーンの田舎に行ってきましたが

その話はまた今度・・・

今のバンコクは本当に暑いです。

暑くて昼間は外に出れません。

そんな都会の真ん中で、今も居座る赤シャツの皆さんも大変ですが、そのおかげで私の楽しみも奪われてしまってます。

紀伊國屋書店がある伊勢丹も閉店したままなので、好きな本を買えないのです。

もちろん他にも日本の本を買える本屋さんはあるのですが、紀伊国屋書店の品揃えと値段にはかないません。

村上春樹の「1Q84」のブック3

日本では去年、大ベストセラーになって話題になった続編ですが

先日、エンポリアムの東京堂書店に入荷されていました。

Cimg5675

手にとった私は値段も確認せずにレジに直行・・・

なんと1065バーツでしたから・・ほぼ3000円

ん・・・・・・でも読みたかった続編だし・・

それにしても1900円の本が3000円とはねぇ・・・

紀伊國屋書店だったらもう少し安かったでしょうが、しょうがないですね。

さっそく読み始めているのですが、他の本よりも大事に大切に読んでいます。

なんせ、3000円ですからね。

本を読み始めたらテレビもネットも見なくなりますね。

珍しく読書の時間が増えた最近の日常

何もオチがない話ですが

平和で静かな日常は

オチがなくても落ち着いた毎日なのでした

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« ラオスの旅 2010 その8 歩いてタイに入国 | トップページ | 流行りのニックネーム »

タイの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/34620302

この記事へのトラックバック一覧です: なにもなく日常の話:

« ラオスの旅 2010 その8 歩いてタイに入国 | トップページ | 流行りのニックネーム »