« ぶらり歩きのペッチャブリー | トップページ | コラートからクメール遺跡 中編〜ムアン•タム遺跡公園 »

2012年1月24日 (火)

コラートからクメール遺跡 前編〜パノム•ワン遺跡

コラートに行って来ました。

正式にはナコン•ラーチャシーマー。

タイの東北部、イサーン地方の玄関口とも言える街からちょっとマイナーなクメール遺跡を巡る旅にでました…

コラートから近くて有名なのはピマーイ ですが、ここはすでに2回訪れているので、今回はパノム•ワン遺跡と隣のブリラム県にあるパノム•ルン遺跡とムアン•タム遺跡公園を廻ってみようと思いました。

まずは、コラートの街歩き。

Imgp7767

なにわともあれタオ•スラナーリー(ヤー•モー)像にご挨拶。

私は一昨年の9月以来の再訪です。

この日は中国正月の前日でしたので、街中がその準備に賑わっていました。

Imgp7773

ハリボテの中国寺院に兵馬俑?

Imgp7775

Imgp7785

洋服屋さんもチャイナドレスで真っ赤っか。

コラートにも華人は多いのですね。

Imgp7778

そして翌日は目的のパノム•ワン遺跡へ。

ガイドブックではソンテウに乗って途中で降りてあとは歩け、と書いてます。

コラート在住のタイ人の知人に訊いてみたのですが、彼もその場所を知りませんでした。

結局、ネットで場所を確認してくれたその知人が車で連れて行ってくれることになりました。

市内からピマーイ方面へ約20キロほど進んだところから脇道に入りさらに数キロ。

こんな辺鄙なところに遺跡があるの?

と、思った先にありました。

Imgp7788

めぼしい目印もなく、もちろん入場無料。

Imgp7792

どうやら修復工事の真っ最中のようです。

Imgp7789

周囲には発掘された彫刻や建物の石積みの部品?が散乱しています。

Imgp7790

保存状態はそれほど良くないですが、その雰囲気は見えてきます。

Imgp7793

積み上げるまえに組み合わせて確認しているようで、なにやら番号が書かれています。

足りない部品は新しい石で補って積み上げて…まるでジグソーパズルのような複雑な作業ですね。

Imgp7804_2

修復中の足場の間から見上げるレリーフ。

Imgp7808

Imgp7806

形をなんとか取り留めている程度のレリーフも大事に使われて、建物全体の修復が進められているようです。

Imgp7807

Imgp7800_2

Imgp7799

Imgp7801

建立されたのは11世紀だそうで、アンコール•ワットよりも古いのですね。

修復工事が終わってからもう一度訪れてみたい遺跡でした。

Imgp7791

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« ぶらり歩きのペッチャブリー | トップページ | コラートからクメール遺跡 中編〜ムアン•タム遺跡公園 »

タイの話」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/43855632

この記事へのトラックバック一覧です: コラートからクメール遺跡 前編〜パノム•ワン遺跡:

« ぶらり歩きのペッチャブリー | トップページ | コラートからクメール遺跡 中編〜ムアン•タム遺跡公園 »