« 路地裏の珠海 | トップページ | 珠海で焼き魚食べ比べ »

2012年4月 9日 (月)

麺・・面・・・メン

当たり前ですが、毎日中華の生活です。

バンコクでいつも食べてたソムタムが恋しくなる今日この頃。

中華の油で胃腸も疲れ気味。

結局、今日も無難に麺を食べています・・・

Img_2075

雲呑麺。

大盛りで10元ですが、麺よりもワンタンがたくさん入っています。

ツルリとした喉ごしで、あっさりスープが胃に優しく安心できる味なのです。

Img_2077

花渓王牛肉米粉。

見た目は肉うどんみたいですね。

米粉の麺は柔らかく、細うどんのコシがないやつ、という感じです。

牛肉出汁の旨みがたっぷりなスープは醤油ベースに微かに八角っぽい中華の味。

キャベツの酢漬けが薬味がわりで、追加した煮玉子は中まで味が染みこんで美味かったです。

Img_2012_2

蘭洲拉麺。

手で引っ張って延ばして作る麺が特徴的。

牛肉スープは香辛料が強く、パクチーが薬味に入って美味いです。

Img_1915

牛南河粉。

牛すじの煮こみが入ってます。

米粉の麺はひらべったい麺で柔らかく、朝メシで人気の麺ですね。

Img_2071

京都炸醤麺。

京都と言ってもこの場合は北京のことだそうです。

北京風の炸醤麺というわけですね。

肉味噌は甘い味付けなので、私はお酢をちょい足ししてかき混ぜて食べるのが好みです。

Img_1973

鶏絲麺。

ほぐした鶏肉が食べやすく、鶏がらスープがしみじみと深い味わいです。

好みでラー油などを入れるのが普通のようですが、中華に疲れた私は何も足さないでちょうど良い塩梅。

もともと麺食いな私ですが、中国にはいろんな麺があって飽きずに楽しめています。

・・・正直言うと、ちょっと飽きてきたなかなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« 路地裏の珠海 | トップページ | 珠海で焼き魚食べ比べ »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/44813180

この記事へのトラックバック一覧です: 麺・・面・・・メン:

« 路地裏の珠海 | トップページ | 珠海で焼き魚食べ比べ »