« いつもの眺め | トップページ | 文化財指定の食堂で・・・ »

2012年5月10日 (木)

パンティップで…

バンコクのパンティッププラザ。

パソコンやデジタル機器の専門店が集まるカオスな電脳市場。

私も時々のぞきに行って、最新機器の値段など見てるのですが、

今回はちょっと違う目的で行ってみました…

Img_2123

3年前に出稼ぎ先のマレーシアで買ったノートブックを売ることにしました。

当時最新の東芝の機種でしたが、私の過酷な?仕事用に使い込んだ結果、調子もわるくなり、先日買い替えたためにお役御免。

パンティップには中古品を扱うお店も多いので、少しでもお金になれば、と思って持ち込んでみました。

Img_2120

相変わらず賑わっています。

全部で何軒のお店があるのでしょうかね。

以前は多かった海賊版のDVDを勧める怪しい客引きの姿が減ったように感じましたが、デジタル関係なら何でも揃う専門店の多さはやっぱりスゴいです。

その中で割と大きな店構えの中古品のお店をのぞいてみたのですが、その時間は買取り査定が出来る人がまだ来ておらず断念。

他にも色々見て回った結果、3階の奥にマニアックな部品が多く並ぶお店を発見。

早速、私のパソコンを査定してもらいました。

「いくらで売りたいの?」

いきなり私の希望価格を聞かれました。

それまで見て来た中古品の値段から想定してある程度の相場はわかっていたのですが、いきなり聞かれるとちょっとあわてますね。

そんな私を尻目にお店の兄ぃちゃんは私のパソコンの電源を入れて査定を始めました。

「使い込んだとは言え3年ほどで、スペックは悪くないし、正規のOSだしちゃんと動くし問題ないでしょ?」

まるで我が子を売り込むような感じで私も必死に説明しました。

結果は5,000バーツ(約13,000円)

私の予想よりも良かったので即決です。

「パスポートか身分証明書はありますか?」

私の身分を確認するためのようですが、私はうっかりパスポートを持って来ていませんでした。

「何かないですか?あなたの写真がある免許証とかそういうの…」

色々考えましたがやっぱりなにもありません。

「…じゃ、あなたの写真を撮らせてください」

それで良いのか悪いのか、わからない微妙な顔の私は自分の持って来たパソコンを前に記念撮影されました。

書類にサインとか何もないままその場で現金を受け取って帰って来ました。

ちゃんとした店だったら、そういうわけにいかなかったかもしれませんが…

…というか、パンティップでちゃんとした店って何処でしょうかね?

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« いつもの眺め | トップページ | 文化財指定の食堂で・・・ »

タイの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/45202996

この記事へのトラックバック一覧です: パンティップで…:

« いつもの眺め | トップページ | 文化財指定の食堂で・・・ »