« 有鶏厨房 | トップページ | おかげさまで・・・ »

2013年6月20日 (木)

風邪には点滴

先日から風邪を引いてしまいました。

急激に真夏日になり、油断したのがいけなかったようです。

私はタイでも中国でもどこの国でも、

「現地の病気は現地の薬で治す主義」

なのですが、今週は仕事が忙しく、下手にこじらせると面倒なので、ローカルの病院に行って来ました・・・

私は中国の医療保険を持っていないのですが、中国ではそんな人は珍しくもないようで、診察カルテに記載した私の名前を見て、医者も看護婦も、私が日本人であることが一番珍しく思ったようで、まるで珍獣を見る目で丁寧に?診察をしてくれました。

診察を受けたあと、カルテのようなメモ書きを渡されて、看護婦に促されて向かったのは会計と薬局を兼ねたカウンター。

なにをさておき、まずは金を払え、というわけですね。

Img_3002

テレビとエアコンが効いた待合室のような点滴部屋で約2時間。

大小4種類の薬剤を点滴してもらいました。

日本では点滴を受けるとなると相当重い症状か、悪い病気になったイメージがありますが、中国では点滴を受けることはごく普通のことのようです。

老人から小さな子どもまで、当たり前のように大人しく点滴を受けています。

平日の昼間の点滴部屋のテレビでは、日本人が悪者役の「抗日戦争ドラマ」が放映されていました。

最近はその突飛な内容が現実離れしすぎていると、中国国内でも話題になっている抗日ドラマですが、髭面の日本の軍人は今も昔も極悪人の卑劣な役になって、主人公の誠実そうな中国人の青年を苦しめてドラマを盛り上げていました。

そんなドラマを見ていても気分が悪くなるので、iPhoneを病院内のWiFiに接続してネットにつないで時間をつぶしていた次第です。

2日間の点滴と大量の飲み薬で風邪の症状は早々に治まってきました。

やはり点滴は勝負が早いですね。

ちなみに、点滴2日分と5日分の薬4種類に診察料、合わせて284元=約4,200円でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
にほんブログ村

|

« 有鶏厨房 | トップページ | おかげさまで・・・ »

中国の話」カテゴリの記事

コメント

風邪ひき、ましになってこられたようで
良かったです。
旦那さんも、去年淡水の病院に行ったら、
すぐに点滴でした。
日本と違って、しんどい時に
会計やら薬局やら自力で動かないといけなくて大変って思います。
風邪ひきの病院で、抗日ドラマを見るのも
なかなか辛いですね(^^ゞ

投稿: ぱきら | 2013年6月20日 (木) 15時41分

ぱきらさま

いつもコメントありがとうございます。

点滴ボトル4本×2日間で強引に押さえ込んだ感じですが、仕事にも大きな支障はなく今週も乗り切れそうです。
こちらで体調維持は大事なことをあらためて思い知ったかんじです。
ぱきらさんも旦那さんもご自愛ください。

投稿: fukki | 2013年6月21日 (金) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511846/52113642

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪には点滴:

« 有鶏厨房 | トップページ | おかげさまで・・・ »